☆スマイルクラブ☆

歯から全身を診て、全身から歯を治す医療

大切なご自身の歯を長持ちさせる方法は何でしょうか?
また高額なインプラント(人工歯根)を長持ちさせる方法は?

それは少なくとも年4回は定期的なメンテナンスを行うことです。

すなわち3か月に1回は歯やインプラントのお手入れに来ていただく必要があるのです。

そしてこのメンテナンス無しでは歯やインプラントを長持ちさせることは不可能といっても過言ではないでしょう。

神様の作られた天然の歯は、人工的な歯であるインプラントや義歯(入れ歯やブリッジ)、差し歯に比べてはるかに精巧にできています。

しかし軟食化し、低栄養化した現代食を常食とし、しかもストレスにまみれた生活を日々送る現代人の歯や歯ぐきは脆弱化(ぜいじゃくか)し、病魔の侵襲の危機にさらされています。

精巧にできた素晴らしい天然の歯でさえ、このような状況なのですから
天然歯よりも劣る人工の歯であるインプラントや義歯、差し歯を
天然歯の代わりに長持ちさせることは容易なことではありません。

天然歯を喪失した際の救世主のように言われているインプラントですが、
それを天然歯の代わりに植立しても、また同じように抜歯になる可能性は否定できないのです。

インプラントもお手入れが不十分であると「インプラント周囲炎」という歯周病で抜け落ちることがあり、このことはご自身の天然の歯と全く同じことです。

紀元前の昔から人類は歯の病気が全身に広がると大病を引き起こし、
場合によっては死に至ることを、
また内臓が悪いと歯も悪くなることを知っていました。

エジプト文明の歴代のファラオ(王)が病死した場合の死因の一位はむし歯であったという報告まであります。

このようなむし歯や歯周病と、全身疾患との関連性は現代医学で次々と証明されるようになりました。

インプラントも含め、歯やお口の健康を考える時には、歯や歯ぐき以外の全身的な健康も考える必要があります。

すなわち、むし歯や歯周病を予防しようと思えば、全身的な栄養状態や姿勢、生活習慣、持病、精神状態などに気を遣い、養生していかねばならないということです。

お口だけ健康で全身は病気である、あるいは全身は健康だが歯や歯ぐきは病気である、というのでは真の健康であるとは言えません。

お口から全身を診て、全身からお口を治す必要があり、またそうでなければ歯やインプラントを健全に維持することはできません。

高額なインプラントを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが欠かせませんが、全身が健康であってはじめてインプラントの寿命も延びるのです。

そのような方にお勧めなのがスマイルクラブです。

他にはない当院の特徴はお口から全身を診て、全身からお口を診る歯科治療です。

スマイルクラブに入会して年4回以上のお手入れを行うことで全身状態を健康に保つことがインプラントを、ひいてはご自身の歯や歯ぐきを健全な状態に保つことになります。

また癌、脳梗塞、心臓病、肺炎、糖尿病、腎臓病、リウマチ、骨粗鬆症、動脈硬化、不定愁訴、顎関節症などの予防や症状の改善へとつながります。

歯が抜けてインプラントにならないためにもぜひご入会ください。

また不幸にも歯が抜けてしまって今回もしあなたがインプラント治療を受けられる決心をされたのなら、全身の健康を見直し、体やお口のケアを行える良い機会です。

インプラント治療を受けられたこの機会に全身もケアしてより健康になりませんか?