インプラント

インプラント|ジルコニアインプラントアンチエイジング統合医療サプリメント

アメリカ・バイオホライズン社 Laser-Lokインプラント

【インプラント治療をお受けになる患者さんへメンテナンスのお勧め】

歯から全身を診る歯科医療

☆スマイルクラブ☆

高額なインプラント治療をより長持ちさせる方法は何でしょうか?
また大切なご自身の歯を長持ちさせる方法は?

それは最低でも年4回は定期的なメンテナンスを行うことです。

すなわち3か月に1回以上はインプラントや歯のお手入れに来ていただく必要があるのです。

そしてこのメンテナンス無しではインプラントや歯を長持ちさせることは不可能といっても過言ではないでしょう。

神様の作られた天然の歯は人工的な歯に比べてはるかに精巧にできています。

そのような素晴らしい天然の歯でさえ、
過去に抜歯しなければならなかったわけですから、
そこに天然歯よりも劣る人工の歯であるインプラントを
天然歯の代わりに植立しても、
また同じように抜歯になる可能性は否定できません。

インプラントもお手入れが不十分であると「インプラント周囲炎」という歯周病で抜け落ちることがあり、このことはご自身の天然の歯と全く同じことです。

インプラントも含め、歯やお口の健康を考える時には、歯や歯ぐき以外の全身的な健康も考える必要があります。

すなわち、むし歯や歯周病を予防しようと思えば、全身的な栄養状態や姿勢、生活習慣、持病、精神状態などに気を遣い、養生していかねばならないということです。
お口だけ健康で全身は病気である、あるいは全身は健康だが歯や歯ぐきは病気である、というのでは真の健康であるとは言えません。

お口から全身を診て、全身からお口を診る必要があり、またそうでなければインプラントどころかご自分の歯さえも健全に維持することはできません。

高額なインプラントを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが欠かせませんが、全身が健康であってはじめてインプラントの寿命も延びるのです。

そのような方にお勧めなのがスマイルクラブです。

他にはない当院の特徴はお口から全身を診て、全身からお口を診る歯科治療です。

スマイルクラブに入会して年4回以上のお手入れを行うことで全身状態を健康に保つことがインプラントを、ひいてはご自身の歯や歯ぐきを健全な状態に保つことになるです。

また癌、脳梗塞、心臓病、肺炎、糖尿病、腎臓病、リウマチ、骨粗鬆症、動脈硬化、不定愁訴などの予防や症状の改善へとつながります。

インプラント治療を受けられるのは全身の健康のケアのためにも良い機会です。

インプラント治療を受けられたこの機会に全身もケアしてより健康になりませんか?

また歯が抜けてインプラントにならないためにもぜひご入会ください。


Laser-Lokインプラントとは…
バイオホライズン社のLaser-Lok(レーザーロック)インプラントとは…

インプラント治療とはチタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に植立して天然の歯に近い咀嚼を可能にする治療です。

しかしこれまではインプラントと骨はしっかりと結合しても、歯ぐきとインプラントの付着は期待できませんでした。

そのためにインプラントの植立後に歯ぐきの病気(歯周病)になる危険性を抱え込んでいました。このような中で画期的な技術が開発実用化されたのが

Laser-Lok(レーザーロック)です。

Laser-Lok(レーザーロック)とは米国BioHorizons(バイオホライズン)社独自の特許技術であり、15年にわたる基礎研究や実験、臨床試験が積み重ねられてきました。

Laser-Lokは世界で唯一、結合組織付着を実現し、さらには、硬・軟両組織を付着させ、維持します。

要するにインプラントと歯ぐきがしっかりとくっついて、歯周病発症の危険性を低くできるわけで、これは画期的な技術と言えます。

安心できるインプラントの価格とは?
最近、1本あたり10万円台から20万円台というような、安さを売りにしているケースが散見されます。先日NHK教育テレビの番組で放送されておりましたが、それによると全国的に見て一般的には、チタンという金属でできた標準的なインプラントで1本あたり40万円位が相場のようです。
またチタン製ではなくジルコニア(人工ダイヤモンド)というセラミックでできたワンランク上のインプラントでは更に15万円位プラスされるようです。
この妥当な相場金額に比較してかなり安いというのは、安いなりのその理由があると思います。ですから、皆様が手術後に後悔されないようにするためには、どのようにしてそのような安い治療費が決定されているのかをご自身で分析される必要があると思います。
また、治療費総額でなく1次手術の料金だけで表示されることも多いようですので注意が必要です。

治療費を分析するポイント
治療費を分析する上でのポイントは以下の3点です。
すなわち、治療費は、技術力×品質力×メンテナンス力で決定されるので、 その一つ一つがどのようになっているのかを細かく調べるということです。

具体的には、技術力(担当医の年間症例数×学習量)インプラントの品質(どこのメーカーのインプラントで治療の成績はどうなのか?そのメーカーの経営は安定しているのか?倒産して部品が調達できなくなるメーカーさえあります)、長期的なメンテナンスシステムの確立(メンテナンスがシステム化されているかどうかはとても重要です)の3つのポイントについて、担当医へご自身が納得いくまで説明を求められるべきだと思います。
ここで、1つでも説明があやふやな場合は、そのクリニックでインプラント治療を受けられるのはご自身のために避けるべきだと考えます。
それでは、ここでしげやま歯科の料金体系をご説明いたします。

1本当たりの基本料金
静脈内鎮静、1次・2次手術、精密検査診断、型どり、上物製作費、装着料、CT撮影、カウセリングがセット

クラウン・ブリッジタイプ(チタン合金製インプラント)
45万円 上物がセラミック製(金属の裏打ちあり)
11万円 ポンティックがセラミック製(金属の裏打ちあり)
40万円 上物が金属・パラジウム製
8万円 ポンティックが金属製

※「上物がオールセラミック製(金属を一切使用しない)」の場合は「上物がセラミック製(金属の裏打ちあり)」の料金に5万円追加
※インプラントがオールセラミック製(金属を一切使用しないジルコニアインプラント)の場合は10万円追加
※ポリ乳酸(植物由来の環境にやさしい特殊な樹脂)を使用してより確実な結果をもたらす最先端のBoneWelding®(ボーンウェルディング)インプラントは上記料金にさらに5万円追加

入れ歯タイプ
45万円 スクリュー固定の場合
ハイブリットセラミックの場合は+10万円
45万円 取り外し式の場合
ハイブリットセラミックの場合は+10万円

特殊治療料金
(他院で断られた方も特殊な技術を用いて治療を可能にしております。すべて眠っているうち終わる日帰り手術です。)

GBR
(骨が足りないところを補う手術)
21万円
サイナスインパクション
(中程度までの上顎洞底挙上)
20万円
スプリッティング
(骨幅が狭い時に骨を2枚に分割します)
20万円
ウィンドウテクニック
(大きな上顎洞底挙上)
30万円
ブロック骨移植
(他の部位から骨の塊を取ってきて移植します)
30万円
抜歯即時植立 3万円
ワンデーバーフェクト
(1本につき)
5万円
CGF
(試験管1本あたり)
1万円

詳細な治療計画ならびに治療費は、CTを含む精密術前検査を行った上で、わかりやすくご説明いたします。
また、術前のCTによる詳しい診査により、斜めに植立したりするなどしてなるべく特殊治療をしなくてもいいような治療計画を立てて、患者さんの経済的負担が大きくならないよう努力しております。

最後に、万一、手術後に問題が発生した場合の保証はどうなっているのかについても事前に明らかにしておくべきだと思います。

しげやま歯科における術後保証
1次手術から上部構造を入れるまでの間に、インプラントの脱落などの問題が発生した場合
全額返金をさせていただいた上で可能な限りの原状回復を図るか、もしくは、患者様の了解が得られれば、再度、植立手術を無料で行います。

(お支払方法について)
しげやま歯科では、金利手数料無料のローンやカードによるお支払いも可能です。無理なくお支払いいただけるように様々な方法を準備しておりますのでお気軽にお尋ねください。

また、治療費は確定申告時に申請すれば医療費控除の対象となりますので、領収書を捨てずに保管されて、申請されてください。税金が一部還付されます。

  • 無料メール相談:インプラントのお問い合わせやご相談はメールでも承っておりますのでお気軽にご利用ください。
  • 無料インプラント説明会:無料インプラント説明会を開催しております。インプラントや歯科治療に関する疑問にお答えいたしますのでどなた様もお気軽にご参加ください。ちょっとのぞいてみました、という方も大歓迎です。
  • 無料来院相談:無料インプラント相談を承りますので、来院相談をご希望の方はお電話にてご予約をお取りくださいますようお願い申し上げます。

(重山 洋一郎のフェイスブック)
https://www.facebook.com/yoichiro.shigeyama

(しげやま歯科のフェイスブック)
https://www.facebook.com/shigeyama.DC/?pnref=lhc

インプラント|ジルコニアインプラントアンチエイジング統合医療サプリメント